自動車保険は大きく分けて2種類

自動車保険は大きく分けて2種類

 

これから初めて自動車保険の加入を検討している人が居たとしたら、初めて自分自身で車を購入したときで、恐らく初めてであればいきなり補償内容の少ない格安の保険に加入するのではなく、手厚い補償内容でケアも充実した少々高額な自動車保険に入る人が圧倒的なのではないでしょうか。

 

確かに初めて車を買ったドライバーであれば、全員が保険の中でも最も信用度の低い等級からスタートしますので、自動車保険料金は総じて高額になります。

 

ですが、これから等級をゆっくり上げていく事ができれば自動車保険料は少しずつ下がりますので、まずは自動車保険料を下げる事を考えるのではなく等級を上げる事を考えるようにしてください。

 

しかしそれでも任意保険は強制加入ですので、どの保険会社が良いのかは悩みます。
そこで自動車保険の基本的な事をお話しますと、まず自動車保険というのは、対面型販売の自動車保険と、非対面型の通販型自動車保険があります。

 

対面型の自動車保険は専任の担当者が契約から更新、また事故対応までパッケージで面倒を見てくれるものであるのに対して、通販型自動車保険は専任の担当者が居ませんので契約から更新、事故対応まですべて自分で行う必要があります。

 

しかし担当者が常時面倒を見てくれる対面式の自動車保険が高額であるのに対して、通販型の自動車保険はすべて自分自身で処理して行く為、保険料が非常に格安であるというメリットがあります。

自動車保険は大きく分けて2種類の関連記事

自動車保険の変更は一括見積もりで比較!
自動車保険コラム