自動車保険の変更

自動車を所有すると

私は普通自動車を所有しています。
以前は軽四自動車に乗っていたのですが身内が新しい車を購入するというので、その普通自動車を譲り受けたのです。
この普通自動車は初年度登録が平成6年の11月で、修理を何度も経て現在も乗っています。
軽四自動車から普通自動車によって自動車税とか車検とか高くなりました。
毎年の自動車税なんですが、37,900円もかかっております。
去年車検で色々直したのですが、90,000円近くもかかりました。
古い自動車を大事に乗っている人こそ本当のエコだと思うのですが、国はそういう人にはつらくあたるようです。
そこで何とかして自動車に関することを節約しようと思っています。
まず少しでも安くしようとしていることは自動車保険です。
私は毎年8月の中頃に更新を迎えるので、それまでにインターネットで自動車保険会社を何社も一括見積もりしています。
以前は知り合いの保険会社に頼まれていた保険にずっと入っていたのですが、事故を起こしていなのに急に料金が上がったためインターネットを利用するようになりました。
初めてネットで自動車保険に入った年は、前年より10,000円以上安くなったのには驚きました。
あとは、自分でタイヤ交換などをするようにしています。

 

自動車の維持費についての考察

去年に実に16年間も使用していた自動車を乗り換えました。
走行距離も17万キロの超えており、車体にも装備にもかなりガタが来ていたのは確かでした。
そして新しい自動車に乗り換えたのですが、その際に自動車の維持費についてかなり考えてみました。
前の自動車では16年間使用して総額で1100万円のコストがかかった計算になります。
その中で肝心の車体のコストと修理費などいわゆる自動車本体にかかったのは300万円程度でありますから、実に全体の4分の3以上が自動車の維持費にかかったということになります。
保険なども含め維持費だけで年間50万円のコストがかかっているという計算になるのです。
単純に考えれば70万円程度は毎年自動車に支払っているということです。
もちろん、その分交通費やレジャー費が安くなっていることはもちろんあり、自動車は金銭に変えられないような利便性も与えてくれるのも確かです。
考えてみると自動車を所有するときには自動車本体の価格よりもその自動車にかかる維持費がどうなのかを考えるほうがより合理的であるということになります。
もちろん、これは私の場合であって当てはまらない人もいると思いますが、大きな違いは生まれないだろうと考えられます。

 

自動車保険の仕組みを理解しましょう

自動車保険は日常生活で車を運転するにあたり、非常に大きな安心感を与えてくれるものになります。
何度かお世話に抜けなりましたが、お金が者には大きな助けになります。
初めてお世話になったのは、追突事故を起こしてしまった時のことでした。
まさか使うとは思っていなかったので、自動車保険の使い方すら分かりませんでした。
事故処理をしてくれた警察の言葉で、自動車保険の会社に電話することを思い出しました。
幸い追突した相手も怪我がなかったので、自動車の修理にだけ自動車保険を適用することになりました。
しかし、これに階級が上がってしまい次回の更新時の保険料が高くなることが確定してしまいました。
このように階級が上がるとボクシングとは違い、自動車保険の保険料は高くなっていくのです。
しばらく事故のトラウマから非常に慎重に運転するようになりました。
右折左折には特段注意を払っていました。
しかし、予想外なところで二度目の保険を適用することになりました。
ガソリンスタンドです。
気づかないうちに真後ろに原付きバイクげいて、手前の給油スペースに行くためにバックしたら、原付きバイクに追突してしまいました。
これで階級は一番上まで上がりました。
事故は全部保険を適用すれば良いと思っていたので、二回とも保険を適用しましたが、職級が一番上になると更新が出来なくなりました。
全く想定してない事態に唖然しましたが、任意の自動車保険に入れないので車の使用を控えるしかなくなってしまいました。

 

自動車保険の選び方と安い自動車保険

自動車保険はいろいろありますが、最近では安さをうりにする会社が多いです。
確かに保険料が安いのは魅力です。
とはいっても保障内容が薄かったらいくら安くても意味がありません。
事故率は年齢が高くなるにつれ低くなっていく傾向があります。
そういったことからあまり車に乗る機会が少なかったり自分は安全運転でゴールド免許がずっと続いているといったような方であれば保障内容もシンプルなものにして保険料を節約することはいいことです。
どの保険会社がいいか決めたい時に便利なのが一括で保険料を見積もってくれるWebサイトです。
これはインターネット上で無料で複数の保険会社の見積もりを一発で取得できるサービスで、自分で何社もあたってみる手間が省けるため効率的に安い自動車保険を探すことができますのでおすすめです。
前述したようなシンプルな補償内容で保険料を安くしたいという方におすすめなのがイーデザイン損保のとにかく節約プランです。
安いだけではなく最低限必要な補償はついていますので安心です。
相手方への補償はもちろん対象の車に搭乗していた人が怪我をした場合の保証、さらに車両保険をつけることも可能です。
とはいってもやはり対人賠償責任保険はほとんどの方が無制限で加入されています。
安い保険料でもやはりいざというときのために必要なところはしっかり抑えたほうがいいでしょう。